オラクルクラウドの基本情報やメリット・デメリットを解説! - 株式会社コムフォート
コラム

オラクルクラウドの基本情報やメリット・デメリットを解説!

 
オラクルクラウドとは?特徴やメリット・デメリットを知ろう!

クラウドサービスや社内システムを導入する上で、オラクルクラウドを採用する企業が増えています。ただし、オラクルクラウドの特徴やサービスについて理解できていないと、せっかくのメリットを活かすことができません。

クラウドサービスを導入するデメリットもしっかり理解して、慎重に導入を比較検討しましょう。オラクルクラウドのサービスを提供する株式会社コムフォートが、詳しく解説します。

オラクルクラウドとは?基本情報や導入事例

オラクルクラウドとは、オラクル社が提供している企業向けクラウドサービスのことです。従来は、手元のコンピュータのなかにあったデータやソフトウェア、ハードウェアの機能を用途によって対応するサービスです。

オラクルクラウドの大きな特徴は、オンプレミスのオラクル製品と連携ができることです。オンプレミスを使いなれた企業でも、比較的スムーズにクラウド化を進めることができます。

オラクルクラウドとは?

パソコンとデータ

オラクルクラウドとは、オラクル社が提供しているパブリッククラウドのことです。パブリッククラウドのメリットは、サーバーなどの物理的な機器を用意する必要がないことでしょう。さらに機器を用意しない分、初期費用が抑えられ、比較的低コストでシステムを運用できるのも大きな特徴の一つです。

OCIとは?

オラクルクラウドが提供しているサービスを、「オラクルクラウドインターフェース(OCI)」といい、50種類以上のサービスがあります。OCIの特徴は、オンプレミスの機能が活かせるところです。社内にサーバー、データセンターなどを専有しているオンプレミス型のシステムから、機器を必要としないクラウドに変えることで、ハードウェアの面倒を見る必要性が無くなり、管理者の負担が軽減します。

しかも、OCIはオンプレミスとの連携ができるため、オンプレミスと同じような操作を実現できます。

OCIのメリット

OCIは、エンタープライズ向けにより高度なセキュリティと性能を担保できるようにした「第2世代IaaS」を基盤に、自律的なデータベースやPaaS、SaaSを提供するというものです。

オンプレミスとパブリッククラウドの両方の長所を兼ね備えており、従来のクラウドサービスと比べて様々な優位性を持っています。まず注目したいのが、安定した高性能を発揮することです。

ある調査結果によると、特定の条件下であることが前提とはなりますが、他社クラウドと比較して2~5倍の性能を実現。Oracleデータベースはもちろんのこと、他社データベースでも同様の結果となっています。

例えば同一リソースの「Compute」サービスの場合、他社に比べて61%低価格になります。また「Storage」「Network」においても95%以上も低価格になるよう、実にアグレッシブな価格設定が行われているのです。

さらにStorageとNetworkでは、トランザクションやデータ転送量による料金変動を低減できる料金体系となっており、クラウド利用でありがちな「予測できない費用」を抑制しやすくなっています。

エンタープライズ向けに設計されているため、高いセキュリティも実現。これらの様々な特長を評価し、基幹システムなどのオンプレミスシステムのクラウド移行先としてOCIを検討する企業も増えているようです。

オラクルクラウドの導入事例

緑色のネクタイのスーツ姿の人

オラクルクラウドはサービスの多さから、様々な企業で導入されています。その事例をご紹介します。

アズワン

アズワンは、150万件を超える商品提供を行う、日本でも有数の理化学機器を扱う総合商社です。今までのアズワンの課題は、商品の在庫管理でした。在庫場所、商品数ともに膨大な数があるアズワンの在庫は、管理に大きな負担が掛かっていました。

そこで検討されていたことが、オラクルの「Oracle Exadata」の導入です。現在管理しているデータを外部システムと連携させることによって、在庫管理の効率化を図りました。

オンプレミスの場合は運用コストと管理負担が掛かってしまうため、一度は断念されたようです。しかし、オラクルクラウドを活用することで、データベースの提供のみで社内情報を共有できるようになりました。また、APIと連携して24時間365日のサービス提供を実現しています。

JTB

大手航空会社であるJTBは、オンプレミスからOCIを使ったシステムに切り替えています。従来は、システムのインフラ環境をオンプレミスで構築していました。しかし、セキュリティやデータ情報を維持するには基盤となるハードウェアを更新する必要があり、保守や運用コストの面で課題がありました。

そこでOCIを導入することによって、データセンター内にパブリッククラウドを構築したのです。通常のパブリッククラウドと同じくらいのコストで導入でき、ハードウェアも介さないため、運用コストの大幅な削減に成功しています。

また、季節ごとのイベントによって処理が集中する特殊な運用にも対応しているため、低コストで安全なシステム運用を実現しています。

オラクルクラウドについてもっと知ろう!

導入事例でご紹介した企業の他にも、数多くの企業がオラクルクラウドを導入しています。OCIが提供する50種類以上のサービスによって、企業が抱えるシステムの課題を解決してくれるでしょう。

導入事例を元にオラクルクラウドのメリットを挙げるとすると、「導入コスト」と「運用コスト」が低いことが挙げられます。ハードウェアを導入する必要がない分、導入にかかるコストを抑えることができるのです。ただし、正確な料金を知るためには、しっかり見積もりを依頼することも大切です。オラクルクラウドを理解して導入を検討してみましょう。

【オラクルクラウド】クラウドサービスのメリット

黒板とMeritの文字

現在、クラウドを導入する企業が増え続けていますが、クラウドサービスのメリットとは何でしょうか。クラウドサービスの特徴やメリットをご紹介します。

従量課金制で低コスト運用を実現

クラウドサービスのほとんどが、データを使用した分だけ料金を支払う従量課金制となっています。データ使用量が少ない日には料金が低くなるため、ハードウェアを所有して運用するよりもコストを抑えることが可能です。

また、イベントや季節によってデータ使用量が上がる時期でも、料金を支払うことによって柔軟に対応できるため、低コストかつ安定したシステム運用が可能となります。

オンプレミスとの連携ができる

クラウドサービスの中には、オンプレミスとの連携ができるサービスがあります。今までオンプレミスで運用していた企業の場合、クラウドの操作に慣れるまで時間がかかることが多々あります。

しかし、オンプレミスの一部をクラウドと連携させることによって、オンプレミスの機能とクラウドのメリットを合わせたシステム運用が可能となるのです。例えばオラクルクラウドのサービスでは、オンプレミスの環境をそのままオラクルクラウドに移行できるサービスがあります。

豊富なサービス

クラウドには、豊富なサービスがあります。多くのクラウドベンダーなどは、システムの用途に合わせたクラウドサービスがあり、それぞれのサービスの組み合わせも可能です。

例えば、OCIでは50種類を超えるサービスがあり、データベース、インフラ構築、セキュリティなど幅広い分野でサービスが提供されています。また、他システムとの連携も可能なサービスがあり、拡張性にも優れているので、ぜひ比較検討してみてください。

【オラクルクラウド】クラウドサービスのデメリット

赤色のDEMERITの文字

企業のクラウド化が進む一方で、クラウドサービスにデメリットが存在することも事実です。クラウドサービスのデメリットをご紹介します。

クラウドサービスの構築に専門知識が必要

クラウドサービスの導入には、専門的な知識が必要です。特に、クラウドサービスをオンプレミスや外部システムと連携させる場合には、より専門的な技術も必要になるでしょう。クラウドサービスの導入を考えている方は、クラウドサービスを取り扱っている専門業者に相談することをおすすめします。

インターネット環境に影響されやすい

クラウドサービスは、オンプレミスと違い会社以外でもシステムを利用することができます。しかし、その反面インターネット環境に影響されやすいというデメリットがあります。

クラウドシステムを使用する場合は、システム処理を全てインターネット経由で行います。そのためインターネット回線が悪かったり、負荷が掛かったりとインターネットのトラブルがある場合は、クラウドサービスを動かせない可能性があるのです。

OCIを中心としたクラウドサービスの中には、トラブル管理も含めたサービスがあります。クラウドサービスを導入する際は、そのようなリスク管理の視点も含めてサービスを選定していきましょう。

正確な料金を知るために見積もりを依頼

基本的にクラウドサービスは、従量課金制で低コストです。しかしながら、場合によっては運用コストが割高な料金になることがあります。特に、オンプレミスと連携する場合は、クラウド化するシステム部分、さらに運用方法によって料金が変わるため注意が必要です。

クラウドサービスを導入するためには、クラウド化する目的を明確化して専門の業者に相談し、正確な料金を知るために見積もりを取りましょう。複数の業者に見積もりを依頼して比較検討してみてください。

オラクルクラウドを導入するなら株式会社コムフォートへご相談を!

オラクルクラウドは、企業のシステムを改善するための豊富なサービスを提供しています。オラクルクラウドを導入して機能を最大限に活かすためには、特徴を知り、導入する目的に合っているか、サービスや料金を比較して慎重に検討することが大切です。

オラクルクラウドの導入を検討しているのなら、株式会社コムフォートにご相談ください。お客様の目的に合う最適なサービスをご提供いたします。費用や料金を知りたい方は、見積もりをご依頼ください。見積もりで分からないこともお気軽にお尋ねください。

オラクルクラウドの導入は株式会社コムフォートにお任せください

会社名 株式会社コムフォート
代表取締役 武田 真司
住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町4丁目4−25 本町オルゴビル9階
TEL 06-6121-7560
FAX 06-6121-7561
設立 2007(平成19年)年7月9日
資本金 2,000万円
事業内容
  • システムコンサルティング
  • システム開発
  • システム構築、運用、保守
  • クラウドコンピューティングサービス
URL https://comfort-inc.co.jp/