オラクル クラウド プラットフォーム とは

オラクル クラウド プラットフォームは50を超えるサービス群を統合したオラクル社のパブリッククラウドサービスです。IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Seervive)をカバーする多種多様なサービスを利用できるだけでなく、オラクル クラウド プラットフォームを自社内に配置することも可能です。

オラクル クラウド プラットフォームの特徴

オラクル クラウド プラットフォームと他のクラウドサービスの大きな違いは、オラクルが提供するサービスや製品を活用している場合、オンプレミスの環境からオラクル クラウド プラットフォームへ移行、またはその逆に際しても、同じアーキテクチャを使用しているため、シームレスに行うことができる点です。これにより短時間でスムーズな移行が可能になります。加えてオラクル クラウド プラットフォームとオンプレミスのオラクル製品を組み合わせることで、最も効果的なハイブリッドクラウド環境を構築することが可能となります。

こんな方にお勧め!

IaaSの導入をお考えのお客様

オラクル クラウド プラットフォームのIaaSソリューションは柔軟なコンピュート、ストレージ、ネットワークといった、IT基盤における一連のコア機能を備えており、ビジネスが求める俊敏性に応えるインフラを低コストかつ容易に構築します。
手軽に利用できる仮想インスタンス、ミッションクリティカルな大規模システムに最適なベアメタルといったコンピューティングサービスのほかにも多彩なメニューを用意、目的に合わせて選択できるクラウドストレージ、高速かつセキュアな接続を提供するネットワーク、仮想化基盤のワークロードをそのままハイブリッドクラウドで稼働可能なサービスなど、多様なシステムの硬直ニーズに対応します。

PaaSの導入をお考えのお客様

オラクル クラウド プラットフォームの多彩なPaaSソリューションは、アプリケーション開発者の生産性向上をはじめ、高度なデータ管理やビジネス分析、そしてコンテンツ管理とプロセス管理を実現します。
さらに、クラウドとオンプレミス型アプリケーションを統合するとともに、堅牢なセキュリティの確保や運用管理負担の大幅な削減にも寄与します。これらのサービス群はシームレスに連携、拡張、共有可能であり、アプリケーション開発者やIT担当者、そしてビジネスリーダーが求める多様なクラウドニーズに対応します。
ビジネスにおいて重要なデータウェアハウスやトランザクション、アプリケーション、そしてビッグデータ分析まで、あらゆるデータ管理のニーズに対応したラインナップを用意しています。

  • Oracle Cloud 構築メニュー(Webサーバー、アプリケーションサーバー、ファイルサーバー等)
  • Oracle Cloud 新規
  • Oracle Cloud サーバー追加
  • Oracle Cloud 仮想化
  • Oracle Cloud DB構築メニュー
  • Oracle Cloud DB構築(Oracle)
  • Oracle Cloud DB構築(MySQL)
  • Oracle Cloud DB構築(その他)
  • Oracle Cloud Security メニュー
  • IPSEC 構築
  • VPN 構築
  • その他
  • Oracle Cloud Networkメニュー
  • ロードバランサー設定
  • ルーター設定
  • Oracle Cloud 利用者認証機能構築
  • Active Directory 構築
  • Samba 構築

※「OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。」