Service - 株式会社コムフォート
クラウド

Service

 

サーバ環境構築サービス

他社のクラウドから乗り換えたい! クラウド導入のコストを抑えたい! クラウドへシステムを導入したいけど人材がいない!
このようにお困りのお客様に合わせたシステムをオラクルクラウドの特性を活かして設計・構築いたします。

オラクルクラウドへのサーバ環境構築サービスをご検討ください!

このような方にもオススメ

災害に備えてクラウドにサーバを新規で作りたい

オンプレミス環境のシステムの面倒を見たくない

クラウドを開発用、検証用として利用したい

ファイルサーバ構成例

管理メニューよりCPU(oCPU)数やメモリ容量をご要望に合わせて自由に設定していただけます。(課金が発生する場合があります)

ファイルサーバ構成例

■IPネットワーク

 主に内部ネットワークの役割を果たし、インスタンス同士のポート開閉、アクセス制御、IPアドレス設定などが可能です。

■Block Storage

 システム関係のファイルなどが格納されている内部ストレージです。

■Object Storage

 オンプレミス又は、インスタンスのバックアップ専用の外部ストレージです。

■oCPU

 1oCPU当たり1物理コアのCPU数を意味しています。

サービス

コンピュート

Compute

オンプレミス環境をそのままクラウドへ移行、高い性能とセキュリティ、可用性を現実します。


ストレージ

Object Storage(バックアップ用)

オブジェクト・ストレージ上にオンプレミスのデータ、オラクルクラウドのブロック・ストレージのデータを転送できる環境をご用意させていただきます。


ネットワーク

VPNaaS(インターネットVPN)

お客様とオラクルクラウド間をIPsec機器を使いVPN接続が可能となり、セキュリティ対策となります。

特長

ライセンス費用

ライセンス費用

オラクルクラウドは、OSライセンス、サポート費用がサービスに含まれており、別途費用がかかる事はありません。


アウトバウンド転送量

アウトバウンド転送量

アウトバウンド転送量は、1ヶ月10TBまで無料、主な区間の転送も無料なので、他社と比べて圧倒的に通信費用を削減することが可能です。


安全性

安全性

仮想プライベートネットワーク(VPN)、個別のインスタンス間のファイヤーウォール、インスタンスにセキュアSSHアクセス、マルウェア・DDoSなどのセキュリティ対策としてSDNを導入しており安全性が配慮されております。


スピード

スピーディ

お客様のご要望に合わせて短期間で導入することが可能です。
※規模によって時間を要する場合がございます。

サービス導入の流れ

Step.1

お問い合わせ

1~2日

お問い合わせ

Step.2

ヒアリング

2日

ヒアリング

Step.3

お見積

3日

ご提案・お見積り

Step.4

ご契約

1週間

ご契約手続き

Step.5

クラウド導入

1週間~

クラウド導入

Step.6

クラウド本稼働

1日

本稼働・保守

※ 納期はあくまで目安であり、内容により変動しますことを予めご了承ください。

データベース構築サービス

オンプレミスのデータベースをクラウドへ移行したい!
このようなお客様のご要望に合わせてオラクルクラウド上にデータベース環境の設計・構築をいたします。 

オラクルクラウドのデータベース構築サービスをご検討ください!

このような方にもオススメ

災害に備えてデータベースの冗長化を図りたい

パフォーマンスが出ないのでオラクルに変えたい

クラウドを開発用、検証用として利用したい

IT部門にデータベースの専任者がいない

データベース構成例

■IaaS環境(Web/APサーバ1,2)とDBCS(Oracle Database Cloud Service)を連携する場合

IaaSとDBCS

■IaaS環境(Web/APサーバ1,2)とDBCS(Oracle Database Cloud Service)を連携する場合(本番・開発用)

IaaSとDBCS(本番・開発用)

サービス

ストレージ

Block Storage(システム領域・データ領域用)

Oracle Database Cloud Serviceのデータ、OSの各種ファイルが格納されます。


ストレージ

Object Storage(バックアップ用)

Oracle Database Cloud Serviceよりバックアップを実行すると、Object Storageにデータベースのバックアップファイルが格納されます。


データベース

Oracle Database Cloud Service

オンプレミスでのOracle Database製品と同じノウハウを活かすことができ、自動でサーバOS・ソフトウェアインストール、OS環境設定などが可能です。


データベースバックアップ

Database Backup(データベース用)

Oracle Database Cloud Serviceにおいて自動のインストールを実施しなかった場合は、バックアップ環境のライブラリ・インストールとRMANの設定が必要になります。

特長

■Oracle Database Cloud Service

ライセンス費用

ソフトウェアライセンス費用

全エディションには、ソフトウェアライセンス、サポート費用がサービスに含まれております。


暗号化について

暗号化について

データ、表領域、通信、バックアップはデフォルトで暗号化され、セキュリティが強化されています。


構築工数の削減

データベースサーバ構築工数の削減

Oracle Databse サーバを数クリックで、自動的に構築が可能です。工数の削減になります。


バックアップリカバリ

バックアップ、リカバリについて

標準でバックアップ、リカバリ機能が有り、オンプレミスからクラウドへのバックアップも可能です。

■Database Backup Service

ライセンス費用

ソフトウェアライセンス費用

ソフトウェアライセンス、サポート費用がサービスに含まれております。


暗号化と圧縮

暗号化と圧縮について

暗号化されていないバックアップセットが有ればエラーとなり、強制的に暗号化し転送いたします。


オンプレミスDBの保護1

オンプレミスDBの保護について①

テープ代わりにオラクルクラウドへバックアップとして利用が可能です。


オンプレミスDBの保護2

オンプレミスDBの保護について②

オンプレミスに不具合があった場合でもクラウド上のバックアップからリストアすることで復旧稼働が出来ます。

サービス導入の流れ

Step.1

お問い合わせ

1~2日

お問い合わせ

Step.2

ヒアリング

2日

ヒアリング

Step.3

お見積

3日

ご提案・お見積り

Step.4

ご契約

1週間

ご契約手続き

Step.5

クラウド導入

1週間~

クラウド導入

Step.6

クラウド本稼働

1日

本稼働・保守

※ 納期はあくまで目安であり、内容により変動しますことを予めご了承ください。

ネットワーク環境構築サービス

構成例

ネットワークの構築はただ通信できればよい、というものではなく、システムのニーズに応じ計画的に過不足なく設計することが重要です。弊社ではお客様からのヒアリングをしっかりと行ない、あらゆる要件に漏れなく対応いたします。主に、VPN、グローバルIP割り当て、プライベートIPアドレス割り当て、アクセスコントロールなどを構築いたします。

ネットワーク構成

※ネットワーク環境構築は、導入時にインスタンスと併用することが必須になります。

特長

安全性

安全性

仮想プライベートネットワーク(VPN)、アクセス制限、インスタンスへのSSHアクセス等を導入しており安全性が配慮されております。


アウトバウンド転送量

アウトバウンド転送量

アウトバウンド転送量は、1ヶ月10TBまで無料、主な区間の転送も無料なので、他社と比べて圧倒的に通信費用を削減することが可能です。


VPN環境

無料のVPN環境

オラクルクラウドのVPN接続機能では、拠点追加の費用がサービスに含まれているため、別途費用は発生しません。


信頼性

高い信頼性

物理的なネットワーク接続が冗長化されているため、障害時にもトラフィックはスムーズにフェイルオーバーします。

サービス導入の流れ

Step.1

お問い合わせ

1~2日

お問い合わせ

Step.2

ヒアリング

2日

ヒアリング

Step.3

お見積

3日

ご提案・お見積り

Step.4

ご契約

1週間

ご契約手続き

Step.5

クラウド導入

1週間~

クラウド導入

Step.6

クラウド本稼働

1日

本稼働・保守

※ 納期はあくまで目安であり、内容により変動しますことを予めご了承ください。

バックアップサービス

火災・倒壊・地震・台風などのリスクに対する備えは大丈夫ですか?
災害リスクの備えが出来ていないと、どうなるでしょうか?
災害によりバックアップデータが壊れシステム復旧が不可能になり、会社の存続危機につながる可能性が高くなります。

災害リスクの備えとして、オラクルクラウドへバックアップすることをお勧めします!

このような方にもオススメ

災害に備えて第2、第3バックアップ先として利用したい

運用保守、初期導入のコストを抑えたい

ファイルサーバのような使い方をしたい

構成例

オラクルクラウド上に、バックアップ環境を構築します。お客様のデータは「コンテナ」に転送され、暗号化されるため、セキュリティ面で安全です。

オラクルクラウド構成例

■Object Storage

 オラクルクラウド内のデータ、既存サーバのバックアップ先としてご利用するサービスです。

■コンテナ

 オブジェクト(ファイル、ディレクトリ)を格納する箱です。暗号化することも可能です。

■オブジェクト

 各ファイル、ディレクトリを一纏めにしたデータです。

サービス

オブデクトストレージ

Object Storage(バックアップ用)

お客様の既存サーバのデータをバックアップする際の環境構築をご用意します。

特長

低コスト

低コスト

オンプレミスの様にストレージ機器などの費用は掛からず、保守切れの心配なく低コストでご利用いただけます。


やさしい料金体系

やさしい料金体系

月々のオラクルクラウド利用料が他社に比べて安価で、シンプルな為、分かりやすくなっております。


安全性

安全性

データ移動はSSLにより暗号化され、コンテナのアクセス・コントロールによりセキュアな環境でご利用いただけます。


スピード

スピーディ

お客様のご要望に合わせて短期間で導入することが可能です。
※規模によって時間を要する場合がございます。

サービス導入の流れ

Step.1

お問い合わせ

1~2日

お問い合わせ

Step.2

ヒアリング

2日

ヒアリング

Step.3

お見積

3日

ご提案・お見積り

Step.4

ご契約

1週間

ご契約手続き

Step.5

クラウド導入

1週間~

クラウド導入

Step.6

クラウド本稼働

1日

本稼働・保守

※ 納期はあくまで目安であり、内容により変動しますことを予めご了承ください。

セキュリティ環境構築サービス

インターネットVPN接続環境構成例

■インターネットVPN(Virtual Private Network)とは?

インターネット上のデータ通信を暗号化し、物理的に離れた機器同士をローカルネットワークのように接続します。セキュアなネットワーク環境を手軽に構築でき、接続区間の改廃も設定変更のみで対応できます。

VPN

《VPN導入事例1》

VPN導入事例1

《VPN導入事例2》

VPN導入例2

閉域網サービスとの連携構成例

よりセキュアな接続、幅広いアクセスラインのラインナップなど、基幹ネットワークに最適な閉域網サービス。オラクルクラウドならダイレクトアクセスが可能です。

閉域網構成例

SSLサーバ証明書導入サポート

■SSLサーバ証明書とは?

SSLサーバ証明書とは、クライアント~サーバ間で内容を盗み見されないように通信する際、サーバの身元を保証してくれる電子の印鑑証明書のようなものです。電子証明書の発行は第三者機関である認証局が行なうため、この証明書が導入されたサーバは客観的な信用を得たものとみなされます。

SSLサーバ証明書

■SSLサーバ証明書の確認方法(Google Chromeの場合)

a) SSL暗号化通信によって保護されたWEBサイトのアドレス欄

SSL暗号化確認

 ・アドレス欄左側に錠のマークが表示されます。
 ・URLが https:// から始まります。(ブラウザによっては省略される場合もあります。)

b) 暗号化されていないWEBサイトのアドレス欄

SSLアドレス

 ・アドレス欄左側に「保護されていない通信」と表示されます。

本サービスはパブリックなサーバ運営において必須となります。SSLサーバ証明書の導入作業パックです。WEBサーバ側の設定代行、お手続きに関するコンサルタンス等、完遂に至るまで全ての過程をサポートいたします。

■SSLサーバ証明書導入の流れ

SSL導入の流れ

サービス導入の流れ

Step.1

お問い合わせ

1~2日

お問い合わせ

Step.2

ヒアリング

2日

ヒアリング

Step.3

お見積

3日

ご提案・お見積り

Step.4

ご契約

1週間

ご契約手続き

Step.5

クラウド導入

1週間~

クラウド導入

Step.6

クラウド本稼働

1日

本稼働・保守

※ 納期はあくまで目安であり、内容により変動しますことを予めご了承ください。


ご依頼・お問い合わせは、こちらからお気軽にどうぞ

フリーダイヤル