オンプレミスからクラウド移行!その違いやメリットなどをご紹介! - 株式会社コムフォート
コラム

オンプレミスからクラウド移行!その違いやメリットなどをご紹介!

 
オンプレミスからクラウド移行する違いやメリットは?

社内などにサーバーを置いてシステムを利用する形態が、オンプレミスです。従来はオンプレミスを使用する企業がほとんどでしたが、クラウドが発達したことで、自社システムからクラウド移行する企業が増えています。

しかし、自社でクラウドのシステムに移行しようと考えても、どんなメリットがあり、どのように行えばよいかわからないこともあるでしょう。こちらでは、クラウド移行のメリットや方法・流れなどを解説します。

オンプレミスからクラウド移行!その違いとは?

急激にITが発展したことにより、オンプレミスからクラウドにシステムを移行する企業が増えています。オンプレミスは社内でシステムを使用するのに対して、クラウドはネットワークのサーバー上でシステムを使用します。

どちらも社内のシステムを使用しますが、システムのある場所が違うので、管理コストも大きく異なるのです。まずはオンプレミスとクラウドのメリットや違いについて解説します。

オンプレミスからクラウド移行!オンプレミスとは?

サーバー、ネットワーク

サーバーやネットワークなど、すべて自社で用意して運用する形態がオンプレミスです。つまり、社内にはシステム稼働に必要な機器やソフトウェアがすべて存在し、自社で保守運営を行います。

オンプレミスのメリット

・自由度が高い

オンプレミスのメリットとして、サーバーの自由度が高いことが挙げられます。オンプレミスは、サーバー、ネットワーク、ソフトウェアとすべてを社内で構築できるために、構成や機能などのシステムの仕様を自社で決めて設定できます。

また、負荷の高いシステムを稼働させるときも、その負荷に耐えられるサーバーやネットワークを構築すれば問題ありません。自社の都合を優先して、システムを運用できます。

・セキュリティ性能が高い

オンプレミスの場合、システムのネットワークは社内で完結します。外部につながらず、セキュリティを高められます。外部からのアクセスを遮断し、第三者の不正アクセスを防ぐことも可能です。

デメリット

社内にサーバーからネットワーク、ソフトウェアまで設置するので、設置作業は自社ですべて行わなければなりません。自社運用が難しいときは外部業者に委託することもできますが、管理なども自社で行うため、コストが高くついてしまいます。

また、コンピューター機器やソフトウェアも日々進化していますので、ハードウェアやソフトウェアが旧式になったら、自社での更新が必要です。フレームワークやソフトウェアを更新するには、多大なコストがかかるものです。

オンプレミスからクラウド移行!違いは何?

パソコンとクラウドのアイコン

オンプレミスからクラウド移行する際には、以下のような違いが挙げられます。

初期導入コスト

クラウドのほうが安くなるケースが多いでしょう。オンプレミスはサーバーやネットワーク機器、ソフトウェアなどを導入する必要があり、多額の導入コストがかかります。一方クラウドは、利用したいサービスと容量を選択して月額料金を支払うのみで、システムが利用できます。

ランニングコスト

クラウドのほうが安くなる傾向にあります。オンプレミスは、保守運用や監視、バックアップ、バージョンアップなどのコストがかかりますが、クラウドは月額料金のみであり、バージョンアップなどの費用は必要ありません。

カスタマイズ性

カスタマイズ性は、オンプレミスのほうが高いです。クラウドは提供されるシステムを利用するので、利用できるシステムの範囲でカスタマイズしなければなりません。

一方オンプレミスは自社でシステムを用意するので、カスタマイズ性が高く、どんなシステムでも導入できます。ただし、クラウドサービスによっては機能を拡張できるものもあるため、ある程度のカスタマイズが可能な場合もあります。

セキュリティ

セキュリティには、物理的なセキュリティと論理的なセキュリティがあります。物理的なセキュリティは、自社でシステムを構築するオンプレミスのほうが高いです。

しかしオンプレミスの論理的なセキュリティは、対策を行わないと、自社から外部に情報が漏れる可能性があります。クラウドでは、決められた環境で使用することで、物理的にも論理的にも、一定のセキュリティを保てます。

障害対応

障害が発生したときは、オンプレミスは自社の担当者が対応し、クラウドはそのサービスを提供する会社の担当者が対応します。クラウドサービスにはカスタマーサポートがあるので、サポートを通じての復旧も可能です。

オンプレミスからクラウド移行!方法と注意点を解説!

オンプレミスからクラウドにシステムを移行するためには、サーバーのシステムをネットワーク上に移行する必要があります。クラウド移行の手順としては、システムをどこまでクラウドに移すか、移行する具体的な方法の選定、そして移行後の体制構築の3つのステップに分けて行うのが一般的な流れです。

最初に移行の流れを明確にし、それぞれのステップでどんな作業を行うか具体的にしておくと、クラウドへの移行手順で混乱や漏れを防げます。では、クラウド移行の流れを細かく見てみましょう。

オンプレミスからクラウド移行する方法!

黒のスーツ姿の人

クラウドへの移行には大きく3つの手順があります。それぞれのステップで何を行うか具体的に解説します。

ステップ1:事前調査

事前調査では、移行対象を整理しゴールを設定します。丸ごとシステムを移行するか、一部分だけ移行するのか、対象を選定し、複数のシステムを移行するなら、どの順序で行うか決めます。

そして、何をどこまで移行するのか、いつまで行うのかなどのゴールを決めます。その後、クラウドへ移行するシステムの情報を整理し、移行対象の実機を調査するという流れです。調査では、システムが正常に稼働するかを調べます。

ステップ2:準備

最初にシステムの移行方法を決めます。そのままシステムを移行するのか、システムの構成を変更して移行するのか、新しい環境にシステムを構築するのかなどです。そして、どのデータをいつ移行するのか決めていきます。この際、移行するデータ量も考えておきましょう。データ量が多すぎる場合には、専用回線を用意するなどの対策が必要です。

ステップ3:システムの切り替え

システムを切り替える前には、不測の事態に対処できるように連絡体制を整えておくことが大切です。作業担当者や連絡手段などを確認しておきましょう。どんなトラブルが起きるかを予想しておき、移行での作業の流れをまとめておきます。

最後に、移行時のトラブルやイレギュラーに対応できるように、要員計画を立てます。ここまでできたら、オンプレミスからクラウドへの移行を進めましょう。クラウドへの移行が完了した後は、保守運用を行います。

オンプレミスからクラウド移行する際の注意点!

注意事項と書かれたブロック

オンプレミスからクラウドに移行する手順の中では、ネットワーク構成変更やディスク変更が必要になることがあり、思っていたよりも時間がかかります。移行にはどれぐらいの時間と費用が必要なのかを確認しておきましょう。移行を行うツールやサービスもあるので、利用できるかどうか調べておくと役に立ちます。

クラウドとの相性を確認

オンプレミスで利用していたシステムが、クラウドでも正常に稼働するとは限りません。クラウドで使えないときや、何らかのトラブルが発生するケースもあります。

データ変換が必要なこともあり、後から変換が必要とわかると移行に支障をきたすので、移行前にシステムの要件を洗い出し、移行がスムーズに行えるか検証します。

セキュリティの確認

クラウドを利用すると、社外にデータを移すので、セキュリティを自社で管理できません。適切にセキュリティ対策を行っているクラウドサービスか確認しておきましょう。主なポイントは以下になります。

  • セキュリティ対策内容が明確か
  • ウィルスチェックなどを行っているか
  • トラブルが発生したらどこまで対応してくれるか
  • サポート体制は整っているか
  • VPNなどの利用はできるか

すべてのシステムをクラウドにせず、重要な部分はオンプレミスにするハイブリッドクラウドという方法もあります。クラウドとオンプレミスを連携するサービスもあるので、利用を検討してみるのもよいでしょう。

サーバー運用費用の確認

クラウドは、どのような要件で利用するかで費用が変わります。主にスペック、ストレージ、データ転送量で費用が決まります。どの程度のスペックが必要でリソースを使うか、事前に確認しておきましょう。データ転送費用は、クラウドから送信した分は有料になるクラウドサーバーも多いので、確認しておきましょう。

オンプレミスからクラウド移行するなら手順を確認しよう!

オンプレミスでシステムを利用すると、サーバー更新などのコストがかかり、セキュリティ対策も行わなければならず、負担は大きくなります。管理や運用が難しい企業もあるでしょう。クラウド移行するメリットは、コストが削減でき、セキュリティ対策が可能であることです。

なおクラウドへとスムーズに移行するには、必要なものや手順の確認など、事前準備が欠かせません。クラウドへの移行をご検討中の方は、まずは株式会社コムフォートにご相談ください。

オンプレミスからクラウド移行するなら株式会社コムフォート

会社名 株式会社コムフォート
代表取締役 武田 真司
住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町4丁目4−25 本町オルゴビル9階
TEL 06-6121-7560
FAX 06-6121-7561
設立 2007(平成19年)年7月9日
資本金 2,000万円
事業内容
  • システムコンサルティング
  • システム開発
  • システム構築、運用、保守
  • クラウドコンピューティングサービス
URL https://comfort-inc.co.jp/